によどマッシュルーム生産組合
によどマッシュルームを生産しているのは株式会社ヒロセオールさん。仁淀川町役場に長年お勤めだった竹内さんから2020年6月に事業を継承し、仁淀川町でのマッシュルーム生産に取り組んでいます。

 事業を開始して約1年が経った2021年4月、によどマッシュルームは一般社団法人日本野菜ソムリエサミットにおいて、栄えある金賞を受賞しました。野菜ソムリエサミットは野菜ソムリエによる「野菜・果物とその加工品の品評会」、野菜ソムリエ達が全国各地から出品されてくる青果物やその加工品を「美味しさ」を軸に絶対評価形式にて評価し、食味が優れたものを認証するコンテストです。

 野菜ソムリエサミットにおいてきのこ類で金賞を受賞したのは、によどマッシュルームが初めてとのこと。その美味しさの秘密は“水”と“土(堆肥)”にありました。

 によどマッシュルームはその生産工程の全てに奇跡の清流・仁淀川の天然水を使用しています。約90%を水分が占めるマッシュルームは正に奇跡の清流そのもの。小さなマッシュルームはミネラルを豊富に含む天然水から、自然の養分を吸収し、すくすくと育っていきます。

 また、によどマッシュルームは馬厩肥を使った堆肥作りにもとことんこだわって生産されています。ヒロセオールさんは馬厩肥に独自の配合で大豆粕、コーヒー粕等の天然由来の材料のみを加え、適度な酸素と水分を与えて発酵を促すことで、養分たっぷりの堆肥を作っています。その養分は桁違いで、ヒロセオールさんがマッシュルーム生産に使った後の堆肥を近隣の農家さんが畑の肥やしに使うこともあるとのこと。

 ここに誠実でパワフルなスタッフの皆様の“愛情”が加わることで、極上のによどマッシュルームが完成するのです。






ヒロセオールさんは仁淀川にある大渡ダムの建設のため作られた小学校を拠点としています。真ん中のてっぺんにぽつんとあります。

行く途中、杉の林を抜けていきます。

かろうじて残っている道をすすむと…

廃校になった小学校の校舎がひっそりと森の中にあります。

栽培しているのは運動場に設置されたプレハブの中。

スタッフさんです。


ヒロセオールさんの商品

[ 並び順を変更 ] - おすすめ順 - 価格順 - 新着順

  • カテゴリーで探す
  • 緑茶・紅茶
  • スイーツ
  • おつまみ
  • 野菜・きのこ
  • 木・竹製品
  • 業者名で探す
  • 池川茶園
  • 池川茶業組合
  • 池内製茶
  • ビバ沢渡
  • ヒロセオール
  • 池川木材工業
  • 竹良
  • ギフト
  • お買い物ガイド
  • お支払い方法
  • 配送料一覧
  • お問い合わせ
  • 特定商取引法に基づく表記
2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
2022年6月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
仁淀川町 によどがわ.TV